| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
レポート編
そらくんが会社に提出するレポートらしいよ!

・学んだ事
桜の便りが次々に聞かれる季節に私は学生気分を捨てられないまま会社に入社をした
道を踏み外したのは恐らくこの時からだろう・・・・

入社式は特に問題はなかった 入社式はね・・・
社会人としてはじめての職場。緊張と嬉しさでいっぱいだった
そしてとうとう工場に足を踏み入れる。・・・・ くせえ・・・・
今までかいだ事のない臭い 18年生きてきた中で1位2位を争う臭いだった
その時点でやる気を失ってしまった自分がいる。しかし工場なんてそんなもんだ!
と割り切っていこうと思った。そして工場を案内してもらう。
鋳造などもあったため工場内は暑い。汗が吹き出る 課長の汗の量が尋常じゃない。
あと臭いも。腋臭なのだろうか。 それとも純粋な汗のにおいだけでここまで悪臭をだしているのだろうか
後日先輩方に聞いてみたら それは会社の七不思議のひとつだと言われた
なんか納得できた 根拠はないがすごい説得力だった

あんまり良い会社じゃないというのは面接のときからうすうす気づいていたのかもしれない
人事が最悪だった。 
私だったら貴方みたいな人事を雇いません こんな人事を雇ってる会社の社長はたかが知れてますね
と言いたかった。でも言えなかった 私はチキンだから・・

工場の案内が終わり、座学が始まった
まじねえよ。座学とかむりっす。超眠いんですけど ていうか半分寝てましたけどね
ていうか 同じ事ばっかりいってんじゃねえよ 認知か?アルツハイマーか?
とりあえずその講師に親が勤めてる施設すすめといてあげたから 感謝してほしいね!
結局1ヶ月ほど座学をやらされた。学んだものは何一つない。無駄な時間だったと思う
時間を返せこのバカ野郎

とうとう実習 私が作った製品が店頭に並ぶと思うと緊張するっ
と思えたのは入社式までの私。 今は同期の人、私の分までカバーしろよな としか思えない
とりあえず適当に仕事。 まじ暑いです冷房つけてください ていうか5月なのにこの暑さって・・・
医者に暑いところで仕事するなって言われてるから 夏場は長期休暇ください 有給で。
意外なことがひとつだけあった。あまり臭くなかった 
あの臭いは課長がばらまいてるものだという事実が判明した 
社長さん暇なときにあの課長をファブっといてください と社長に伝えた

そして実習が始まって1週間ほどたった
とりあえず携帯かまったり漫画読みながら仕事するのが日課になっていた
そのため私のラインではミスが多かった 全部先輩のせいにした 先輩気が弱いんだもん
そんなことをしていたら課長にばれて怒られた。怒られたことにより口も臭い事が判明した。
課長は毒人間なんだなぁと思った。
何故先輩方は大丈夫なのか疑問に思って聞いてみたら簡単な事だった
みんなはなせんをしているだけだった。 私もすぐに買おうって思った

何気に会社になじんできたので 「課長の臭いをどうにかする会」 を立ち上げた
社長が入ってくれた。 立ち上げてよかったの・・か・・・? 課長はこの事をいまだに知らない
ちなみに会社の人間の7割がこの会に入るほどの勢力まで育て上げる事に成功したっていう!
その事がきっかけで一時的に時の人になれた。 会社の中じゃ有名人らしい

ショッキングな事件が起こった
課長がガス中毒で入院した。 窓を開けずに車に乗ったのが原因らしい
臭いのせいで病院を3つぐらいたらいまわしにされたらしいが 無事に回復したとのこと
課長はその事件があっても自分の殺人的な臭いに気づいてないらしい ねーよ。

6月のある日 工場内を何気なく歩いてたら
その時面接のときの人事の野郎と遭遇した。 今ならあの時言えなかったことが言えると思った
なので言ってみた。怒られた。耳栓してたから何いってたかわからなかったけど
ストレス解消になったのでよかったとおもった

いろんなことがありながら3ヶ月がたった。
仕事も適当にやり。課長の臭いをどうにかする会の力で会社の雰囲気も良くなってきていた
ただこの会社に入って学べた事は一つもなかった。というか学ぶ気がなかったのかなぁ。

・1年後にどうありたいか
玉の輿を狙いたい。 働くのは疲れる 主に嗅覚が
だからこの仕事をやめて家にこもるのも悪くないと思ってる。
そのために自分を磨いて お金持ちをゲットできるようにがんばりたい

もし私のような有能な人材にやめてほしくなかったら 待遇を良くしてほしい
給料をあげること、そして仕事時間の短縮を要求する。 ついでに課長の臭いもどうにかして。
あと今の人事はちょっと駄目だと思うから違う人に変えたほうがいいと思う。 何なら私がなろうか
とりあえず 私が居なくなることがどれだけ会社に損失を与えるか考えて行動してくださいね!

*このレポートはノンフィクションです
スポンサーサイト

日常TB(0) | CM(3) | top↑
講習編
なんちゃらーです をつける事をやめました 長ったらしいし

どうもマッチョです

とりあえず講習行ってきましたよ
行ってきたというか行かされましたよ 強制的に
頼んでも無いのに申し込まれました 申し込んだもの勝ちってかこのやろう
行きたくありませんともいえない世の中

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ・・・POISON
打ち消してあるから大丈夫大丈夫・・

話を戻して 取りあえず講習 二つとなりの街の文化会館まで
筋肉講習を受けに入ってたんですけど
初日はよかった だけど2日目以降がやばかった

冷房が効きすぎててやばかった

風が直であたってたからね 本当に困ったもんだ
隣にふくよかなお方がいて風除けになってくれてたんですけど (席は指定されていた
流石に全部の風は防ぎきれなくて少しもれてきてました

それより問題なのは3日目
講師に超いじられた
顔が怖いって言われてスマイルスマイルといわれる
また少ししてスマイルといわれる
また少ししてスマイルいいねぇといわれる

正直うざかったです

4時間ほどその講師の話があったので4時間偽りの笑顔で過ごしたおかげで
顔が疲れました。顔もマッチョにしろってことなんだろうか・・ 精進しますね

顔が怖いなんてうとうとしてるときに話しかけられた時以外ではじめて言われました
人生でまだ10回も言われてないと思います。 
ブッダのように神々しい光を放ってる顔なのに 
すいませんなんでもないですそれに神々しい光なんてはなてません

講習中思い出し笑いという名の敵もいましたね
講師の人が男尊女卑といったときに 男尊女卑のフェミニストが浮かんできて吹きそうでした
まあ何はともあれ無事講習も終わってレポートを今日書きました

2枚にまとめたんですけど 2枚じゃ俺の熱い想いは書き綴れないあと4枚は必要だ!
まあ紙が2枚しかなかったし まあながなが書いても仕方ないからいいか!

日常TB(0) | CM(2) | top↑
なんちゃらーです番外編~まとめてコメ返信~
復帰編から順番にしていきます

...READ MORE▼

日常TB(0) | CM(0) | top↑
なんちゃらーです ~筋肉編~
筋トレがんばってます

特に意味はないです。 強いて言えば暇だったからやってます
夏まで時間が無いので来年の夏には強靭な肉体で夏を満喫したいなぁと思ってたりします

やれば暇つぶしになったりするんだけど  筋トレって毎日するものじゃないんだよね
超回復というものを考えると3日に1回程度のペースですし
まあどうでもよかったりするんですけどね!

とりあえずマッチョになって どうしてそんなにマッチョになったの? と聞かれたら

「適度な食事 運動 睡眠 かな(キリッ」

って言いたいです。 言いまくりたいです!

まあマッチョになれるかはしらないけど 
体とか鈍ってたしやりはじめてよかったのかなとか思ってます

今日だって筋トレ代わりに 甥っ子に キン肉バスター と タワーブリッジをかけましたよ!喜んでましたけど。
すいませんなんでもないです

とりあえずみんなも筋トレして マッチョになろう!

日常TB(0) | CM(1) | top↑
どうもなんちゃらーです~ゴルゴ13編~
そらくんが夏までにゴルゴ13みたいになるそうです

事の発端は俺がゴルゴ13のアニメを何気なく見たことだった
あまりにも暇だったためゴルゴ13を見ていた。
ゴルゴ13は嫌いじゃない、むしろ好きだと思う
好きなのが原因だったのかもしれない

ふと思った そらくんはきっとゴルゴ13みたいな人なのかなぁ と
理由は無かった。だけどそうあってほしかった そのほうが何か面白そうだから
何か面白さを求めてるのかもしれない

とりあえずそらくんに
 そらくんのことゴルゴ13みたいな人だと思ってるから
と言ってみた
 高望みするな
と言われた。 その通りだと思った そしてこう言った
 じゃあ夏までになれるように努力してください
いろいろ話し合った結果宝くじ当たったらゴルゴ13になってくれることになった

すごく嬉しかった。 以前そらくんはブログにて
 ああそうだ!宝くじ買いましたっ ドリームジャンボ!
 当たる気しかしないどうしようww うふふwww
とかいういかれた発言をしていた

この発言を元に考えると
宝くじ当たったらゴルゴ13になると言う

宝くじが当たる気しかしないと言っていた

遠まわしにゴルゴ13になりたいといっている

これは渋いそらくんが見れそうだ

日常TB(0) | CM(1) | top↑
なんちゃらーです~家族編~


家族について
親父
アニメが好き ワンピースとメジャーが特に好き 
俺が中学ぐらいまで少年ジャンプを読んでたという少年の心を持っている人
アニメの話をすることが多少ある ワンピースとメジャーが主
職業は大工 自作でウッドデッキをつくりそこを自分の安息の場としている
とりあえず滑舌があまりよくない そこは私も似ているところなのだが。
The 男という感じの料理を時々作ってくれる。結構美味いのが悔しい
とりあえず俺に出来ないことを普通にやってしまうため 多少は尊敬しているところもある
我が家の姫(猫)に好かれている

母親
お菓子つくりなら私のほうが上手いと思うけどそのほかでは勝てそうに無い。
温和 昔は何でも手作りだった。 パンでもなんでも自分で作っていた
物忘れが少しある。 孫がバカみたいになついている
犬というか動物が嫌い 普通に良い母親だと思う
というかキリストの生まれ変わり的な存在なんじゃないかと思ったときも少しあった


体格が違う やつはでかすぎる。
やつには料理ができないが 俺にはできる。
好きな食べ物も結構違う。仲が良いか悪いかといえば良いと思う
トラックの運転手。基本怠け者


漫画?とかそういうのの世界とはまったく違う存在
というかそれが普通だと思う。家事は私のほうが出来る
というか兄弟で一番家庭的なのが私だったりする
仲は良いほうだと思う
部活一筋 というか部活を途中でやめたのは兄弟の中で私だけ
成績は良くない。今年進学するとかしないとか

お婆ちゃん
料理もする。遊んだりもする。畑仕事もする。元気すぎる。





相棒

簡単に説明してみました
とりあえず家族は嫌いではない
仲が悪いこともないし良い家族だとは思う。
なんていうか妹の彼氏とかが普通になじめてしまう家族 ていうかなじみすぎてて怖い
友達いわく落ち着く家。そして集まりやすい家らしい 親が優しいからかもしれない
少人数のとまりなら昼ごはんを買ってきてくれたりすることもある

とりあえず仲良くやってければ良いと思う

日常TB(0) | CM(2) | top↑
なんちゃらーです ~年金編~
職場で姉さん(神)のアドと電話番号知りました


知り合いの議員さんや神(姉さん)に聞きました 簡単な話を

年金の未納者は現在5%前後らしい この未納者60%までなら問題ないとのこと
60%ってなかなか大胆だこと
とりあえず年金だけは払っとけといわれました
損はしないらしい。
今は税金でなんとかしようという案も出てるんですけど
それじゃあ今まで保険料を払ってきた人は損ですよね。でも不思議と何も言われません
それは会社の負担が減るからです。 厚生年金は会社が50%負担してくれてます。
もし税金になれば会社的には厚生年金分楽になるんですね。
だからなかなか文句とか言われないらしいです。
ここまでは議員さんのお話ですけど
議員さんはさらにこんなことを
ぶっちゃけ内側を見てると本当に大丈夫かよって思えるときもあるっちゃあるんだけどね
まあ結論は取りあえず払っとけってことらしいです。

もし事故などで何らかの障害が起こったとき 年金を払ってなかったら
障害手当金は払われません。 困るのは自分です 
と神(姉さん)に言われた。
それは間違いない 確かに将来何が起こるかわからないしね
ていうか「自分が事故にあうはずねえwwwwwww」とかいう謎な自信に満ち溢れてる人がいるんだけど
何を根拠に言ってるんだろうか、その人には未来が見えてるのだろうか・・といつも思います。

とりあえずもっと詳しく聞いたんですが 右から入って左からでていってしまったようで
殆ど記憶になかったため 間違いとかおかしい部分があると思います
なけなしの記憶で書いた文章なので まあそういう部分は目を瞑ってくださいお願いします

日常TB(0) | CM(1) | top↑
なんちゃらーです ~良い事編~
復帰第2弾 良い事編なんちゃらーです

姉さんはきっと神に最も近い存在だと思う
俺は姉さんみたいになれないと思う だってあの子神々しいんだもの
なんていうか眩しい、きっと正しい悟りを得てるのだろう きっとブッダなんだ
姉さんは学校の先生になって教えを説いていけば良いと思う


意味の無い前置きはこれぐらいにして本題に
ちょっと良い人ぶってみたんだ

給料はほぼ貯金してます。だって使いきれないんだもの
昔からそうだった。お小遣いもらってもぜんぜん使わず財布の中がすごいことになっていってた
何の目的も無く貯めてるお金のため何かほしいものがあったら衝動買いしてしまいそうな感じ
ラーメンが好きなのでラーメンを食べまくろうって思ったけど
ラーメンとか餃子つけても1000円程度 それに3食ラーメンとか無理です本当に
一応良い子で通ってたのここは株をあげるために 家族に奢ることにした

奢ることについては特に問題は無かった
だって仕事は別にそこまで大変じゃないし上記の通り使い道が無いので。
喜んでくれてたと思う。まあ家族の関係が良くなるのは良いことだ
因みに8500円ほどの出費だった

ここまではよかった ここまでは
家に月3万円ほどいれている私ですが
もう6月になったので今月も渡しとくかということでお金を渡しました
自分の中では3万円わたしたつもりでした が 間違えて4万渡してしまったみたいだった
親が無駄に喜んでる、お金のことじゃなくその気持ちに

1万はミスですさーせん とか言える雰囲気ではなかった
もう引き下がれない位置に立たされていたのだ
父親の仕事(大工)が不景気のため少しすくなくなってきていたという事実があったので
こんなことを言ってみた
「親父の給料が少し少なくて大変だよね、だから今月からは1万上乗せしてやんよ」
すごく喜ばれた、悪いよとも言われたけど引き下がる流れじゃなかったので
「いいよ、いいよ気にすんな」
とか言ってみた ぶっちゃけ途中から調子に乗ってた でも公開はしてない
喜ばれてるならまあ良いかと思えた

喜ばれたり、褒められたりすると伸びるタイプだと思ってるのできっと成長したはず
すいませんなんでもないです

日常TB(0) | CM(3) | top↑
なんちゃらーです ~復帰編~
何をするにもやる気がないなんちゃらーです
面白い記事のネタがないから更新する気がありませんでした

でも考えてみれば文才と言う言葉から一番かけ離れたい位置に君臨する私に
「面白い記事」など書けるはずがない それは事実であり否定できないことだ
なのでブログの名前を変えてみた

しっくりくる 自己満足 いい言葉だ。まさに俺の人生そのものだと思った。

まあ何はともあれブログを再び書くということなんだがいかんせんやる気が無い
筋トレは続くのにブログは続かない。 まあ筋トレもいつまで続くかは知らないけど
と言うか続かない気がする。その理由は

5月の中旬ぐらいからそらくんに 
       今日からブログ書こうと思うんだがどう思う?
                        と言い続けてきたからだ

まあなるようになるってと自分に言い聞かせて書いてます

何事も何とかなるもんだ
ぶっちゃけ今してる仕事はやってけないと思っていた
本音を言うと一週間目ぐらいですでに飽きていた というか仕事をやる気がなかった

料理と家事は母親の見よう見まねで結構出来るほうだと思う
だけど問題なのは男が働いて女が家事をするという
このポジショニングが世間一般に広がってることが問題だった

同じ職場で同じ年齢の女性曰くそれは古い人の考えらしいが
どうやら俺の周りの人物はみんな古い人らしい
もう俺が働くのは避けれない道であることを悟り 男に生まれたことを全力で後悔した

でも仕方ないので仕事を続けている、そして全力で副業を探している。
ネットで稼ごうとか思ったけど確定申告とかめんどくさいから勉強してからにしようと思った

社会人生活2年目に突入してるけど何とか生きてます。目標とかは無いです
でも何か美味しいものを家族でお腹いっぱい食べたいとは思います

何はともあれブログ更新しなかった1ヶ月間のことを簡単に書いてみる

とりあえず1ヶ月間の話し相手

メッセ:そらくん
職場:姉さん的存在 母的存在

とりあえず そらくんとは 特に重要な話はしてないと思う
雑談が楽しい、そう思える まあ話したりするのは別にすきでもないんだけど

問題なのは職場。 荒れてる 大荒れである
その大荒れの中で仕事をしている自分をほめるのも悪くないと思うときもあるけど
流石にそれは自重している たとえ心の中でもそれをしてしまうと元の世界に戻れない気がするから
それはいいとして、ボイコットっぽいことをしてる人までいる
でも最初はどうでもいいことだと思っていた
多分職場が荒れてることに対して興味を持ててないんだと思う
職場の人が結婚するという話を聞いたときも興味が無かったので半分以上聞き流してた
どうやら私は興味のもてないことは何も知りたいと思わなく適当にやりすごしてしまってるらしい
そんなこんなで適当にやっていたがそうも言ってられなくなって来た

一応1年ぐらい仕事やってる半端物ってことで無駄にフレンドリーに両サイドから話される。
不満を持ってる側と不満をばら撒いてる側から
このポジションは個人的に嫌だった というか不満を言われても困る
そんなポジションに立ち続けてたおかげで 無難に話を流すのがうまくなったのはよかったと思う

ついでに仕事の話 姉的ポジションの人だけど この人にはかなわないって思う
自称百戦錬磨の俺でも太刀打ちできないとおもった 力が違う力が

裁縫 料理 絵 さまざまなジャンルに足を踏み込んでる私なんですけど
ほぼ全ての面でこの姉的ポジションの人(以後姉さん)に勝てないと思う
本当に尊敬できる存在だと思った。母親、父親もそれに値する存在だと思う

父、母はいいとして この姉さん 俺の中ではすでに完璧超人である。しかし結婚はしていない
なんでもいいがこの姉さんもうすぐ仕事をやめると言う 少し寂しい
でも止める気は無かった その理由はめんどくさいから
所詮私はその程度の人だと思った

何はともあれブログ再開ということを宣言してしまったので
適当に頑張っていきたいとおもいます

日常TB(0) | CM(1) | top↑
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。